婚約指輪を購入する【喜ばれるリングを贈ろう】

新婦

指輪の文化

ウェディング

結婚指輪は普段生活の中で、肌身離さずはめ続ける指輪です。そのためにあまり凝った装飾のある指輪よりも、シンプルなデザインが好まれる傾向があります。普段の雑務にも耐えうる、実用性が重視されています。金額面での、結婚指輪の傾向について言えるのは、あまり高額な指輪より手ごろな金額の指輪が多く選ばれています。理由としては上記にあげた実用性を重視した結果とも言えます。また結婚指輪よりも婚約指輪にお金をかける傾向があり、相対的に金額が抑えられていることもあります。また、男女でまったく同じ指輪を購入する場合もありますが、同じものでも少し装飾に違いがみられる指輪も多く、こうした場合は主に女性用の指輪に少し多めの装飾が施されていることが殆どで、金額も若干高くなります。結婚式場などでは提携している宝飾店で割引サービスもあったりして、お得に手に入れることも出来ます。

日本の結婚式において結婚指輪の交換は広く浸透した文化であり、また諸外国においても結婚式のスタイルこそ違っても結婚指輪の交換は非常にポピュラーな文化となっています。こうした結婚に際して指輪の交換を行うような文化はどこで生まれて、どうやって日本に定着したのでしょうか。結婚指輪という概念の発祥地はヨーロッパにあります。そもそも指輪には契約の証という意味合いが強くあり、結婚もある種の契約であるため愛の証として指輪を交換する風習が生まれ、後世に引き継がれる過程で文化として定着しました。発祥時期は古代ローマであるとか、中世のローマ教皇が始めたとか諸説あります。日本において結婚指輪の交換という文化が伝わるのは、明治時代以降のことです。西洋化にともない生活スタイルが欧米化する中で、結婚式もまた西洋的なスタイルが輸入されました。その当時はまだ珍しい文化でありましたが時代と共に広く庶民にまで普及して、現在では結婚指輪の交換は文化として完全に定着しています。